「もう少し安く早く」に寄り添います!

お電話でのお問い合わせ084-953-4500

加工レスキュー隊!
お見積り
お問い合わせ

ものづくりトピックス

大型旋盤加工および旋盤加工とは?当社の保有設備や加工実績について詳しくご紹介

  • 大型旋盤加工
  • 大型機械加工
大型旋盤加工および旋盤加工とは?当社の保有設備や加工実績について詳しくご紹介

大型旋盤加工の種類や当社にお任せいただくことのメリット等詳しくご紹介!

今回の記事では旋盤加工に加え代表的な切削加工の方法としてフライス加工、マシニング加工等との違いについてもご紹介致します。また、旋盤加工で可能な加工方法ならびに旋盤加工の種類についても詳しくご紹介致します。さらに、当社の保有設備や実際の加工実績、大型旋盤加工におけるご提案事例についてもご紹介させていただきます。

旋盤加工とは

旋盤加工とは、切削加工に中の一種で、被削材を回転させ固定された切削工具を当てることで加工を行います。加工対象物を回転させて加工を行うため、被削材の形状としては、丸物となります。大型の素材で長尺の場合には、被削材の曲がり、振れ等が加工精度に影響するため、高度な加工技術やノウハウが必要となります。

 

旋盤加工とフライス加工、マシニング加工の違い

次に旋盤加工とフライス加工の違いについてご説明をしていきます。旋盤加工は被削材(ワーク)が回転するのに対して、フライス加工は工具が回転し、加工を行うという点が異なります。マシニング加工はフライス加工のうち、マシニングセンターを用いて加工するものをいいます。マシニングセンターには自動で工具を交換する機能があり、その点においてフライス加工と区別されます。

 

旋盤加工で可能な加工方法

次に旋盤加工の加工種類についてご説明をしてきます。

”切削工具の種類を変更することで、旋盤加工ではさまざまな加工を行うことができます。シャフトやピン、カラー、ニップルなどのように丸物形状をした部品であれば、旋盤加工だけでも多くの形状へ加工を行うことが可能です。また、ボルトも旋盤にてネジ切り加工を行うことで製作することができます。”

(引用:丸物・旋盤加工.com https://www.turning-lathe-products.com/knowledge/%E6%97%8B%E7%9B%A4%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E3%81%AE%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E7%A8%AE%E9%A1%9E/

上記のように旋盤加工によって様々な加工を行うことができます。

シャフト

シャフト

ボルト

ボルト

 

旋盤加工の種類

 ・汎用旋盤(普通旋盤)

汎用旋盤は、ハンドルを人の手によって動かしながら加工する旋盤の事です。複雑な加工であったり、繊細な動きが求められたりする場合にこの汎用旋盤が採用される場合が多いです。すべて手作業であるため単品生産に向いており、特注依頼に対して使用されるケースがあります。

 ・立型旋盤

立型旋盤は、汎用旋盤(普通旋盤)の主軸を垂直方向にした形状をしております。自動工具交換装置がついているものをターニングセンターと呼びます。

 ・NC旋盤

NC旋盤は、汎用旋盤(普通旋盤)に数値制御装置(NC:Numerical Control)が組み込まれており、機械がプログラムの通りに加工を行います。加工プログラムを作成し、機械に対して指示を行う必要がありますが、人の手を介さないため、高品質を担保しながら大量生産することに向いております。

 ・複合旋盤

複合旋盤とは工具の自動交換機能を備え、1つの機械で旋削、フライス、研削などの複数の種類の加工が可能な旋盤のことです。多くの場合、旋盤加工後にマシニングセンター加工や研削加工を行うため、最低でも2台の工作機械を用意しなければなりませんが、複合旋盤を使用することによりそれらの工程を1台で完了できるようになります。それにより素材の取り外し回数が減るため、加工精度低下を防止することが可能です。

 

当社に大型旋盤加工および旋盤加工をご依頼いただくことで得られるメリット

当社は素材・材料の調達から実際の加工に至るまですべて一貫して対応することができます。そのためお客様に対してコストダウンを実現することができます。

実際に、鍛造品といった長尺素材を購入し、社内で加工もしくは外注加工先で旋盤加工を行っていたお客様がおられました。そのお客様に対して、当社は長尺素材の調達から旋盤加工までを一貫して行うご提案を差し上げ、実現に至りました。その結果、お客様の横持工程を短縮することができ、価格・納期のコントロールに成功致しました。

 

大型旋盤加工機および旋盤加工機の設備紹介

【超大型NC旋盤】唐津プレシジョンLTⅡ

こちらは旋盤加工機の中でも超大型NC旋盤に当たります。唐津プレシジョンLTⅡという機械でございます。加工できるサイズとしましては、Φ1200×5000となっております。実際に加工を行っている様子をご覧ください。

 

【ミーリング付NC旋盤】オークマLB-4000EX

こちらは旋盤加工機の中でもミーリング付NC旋盤に当たります。オークマのLB-4000EXという機械でございます。ミーリング機能がついているため、旋削だけででなくフライス加工も同時加工が可能で、同時加工による高精度維持とコスト削減が可能です。加工ができるサイズとしてはΦ380×2000となっております。

 

【NC旋盤】大日金属工業M85

こちらは、盤加工機の中でもNC旋盤に当たります。大日金属工業のM85という機械でございます。中型サイズのNC旋盤で、加工ができるサイズとしてはΦ490×5000となっております。

 

【汎用旋盤】滝沢鉄工所TAL560

こちらは、旋盤加工機の中でも汎用旋盤に当たります。滝沢鉄工所のTAL560という機械でございます。加工ができるサイズとしてはΦ300×2000となっております。単品に向いておりますが、量産対応も可能です。また、治具の使用によって高い加工精度も実現することができます。

 

大型旋盤加工機および旋盤加工機の他にも、BTAマシン、ガンドリルマシン、フライス盤、マシニングセンタ、放電加工機等様々な加工機を保有しております。当社の保有設備に関しては下記からご覧ください。

>当社の保有設備一覧はこちら

 

旋盤加工 製品事例

次に当社で製作した旋盤加工の製品事例についてご紹介いたします。

【減速機部品(5)】

こちらは、工作機械の業界向けに製作した減速機部品でございます。材料としてはS45Cを使用しており、サイズΦ236×196で製作しております。旋盤加工によって製作致しました。

>事例の詳細はこちら

 

【減速機部品(1)】

こちらは工作機械の部品として製作した減速機部品でございます。材料としてはS45Cを使用しており、サイズΦ650×Φ580×300にて製作致しました。加工においては旋盤加工およびマシニング加工を採用しております。

>事例の詳細はこちらから

 

【射出成形機用シリンダー】

こちらは、成形メーカ(樹脂、ゴム)向けに製作した射出成形機用シリンダーでございます。材料としては、YPT4を使用しており、加工サイズΦ65×500にて製作致しました。材料に関しては、国内で調達を行い加工は中国で行いました。表面処理まで行っており、すべて国内製作した場合と比較をしますと30%のコストダウンを実現いたしました。1個から製作対応致しました。

>事例の詳細はこちらから

 

【ウェイト】

こちらは産業機械の業界向けに製作したウェイトの事例でございます。材料としては、S45Cを使用しており、Φ900×450にて製作致しました。加工方法としては、汎用旋盤を使用し、全周切削後溝加工も施しております。

>>事例の詳細はこちらから

 

【フタ】

こちらは半導体の業界向けに製作したフタの事例でございます。材料としては、SUS304を使用しており、サイズ250にて製作致しました。加工方法としては、旋盤加工およびマシニング加工を駆使し製作致しました。

>>事例の詳細はこちらから

 

【プランジャースリーブ】

こちらは。自動車業界向けに製作したプランジャースリーブの事例でございます。材料としては、SKD61を使用しており、サイズ350t~3500t用の鋳造機サイズで製作致しました。加工においては、旋盤加工およびガス窒化を採用致しました。

>>事例の詳細はこちらから

 

 

大型旋盤加工および旋盤加工ならメタナビを運営する深江特殊鋼株式会社にお任せ下さい!

メタナビを運営する深江特殊鋼株式会社では、お客様からのお問合せ内容をもとに大型旋盤加工ならびに旋盤加工のお悩み相談・改善提案を行っております。

当社は、大型旋盤加工および旋盤加工の内製だけでなく鋼材商社として、全国規模の協力ネットワークを構築しております。そのためお客様の様々なご要望にお答えすることができます。材料の手配から加工、研磨、表面処理までの部品製作の一括対応に加え、試作品・多品種小ロット生産から量産品は当社にお任せ下さい。

材料選定・コストダウン・工法変換・軽量化・品質向上・納期短縮でお困り事がございましたら、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

 

>>お問い合わせはこちら

>>>当社の加工事例はこちら

>>>ダウンロード資料はこちら

>>>トピックスはこちら

  • 大型旋盤加工
  • 大型機械加工